目次↑

.. 動作環境

Copper PDFは、サーバーと、プログラミングインターフェース(API)が別々に動作します。 ユーザーが開発したアプリケーションからはAPIを利用してサーバーにアクセスします。 アプリケーションはサーバーと同一のマシン上でも、別のマシン上でも構いません。 サーバーを動作させるためのマシンにはJavaが必須ですが、アプリケーション側にJavaは必須ではありません。

..1. サーバー

Copper PDFサーバーにはコマンドラインから直接PDF変換できるインターフェースと、 ウェブインターフェースが付属しています。

copperd(Copper PDFサーバー)、 copper(コマンドラインインターフェース)、 copper-webapp(ウェブインターフェース)の実行には最低限以下の環境が必要です。 copper Antタスクの実行にも同様の環境が必要です。 Copper PDF 2.1.0からはtranscode Antタスクの使用を推奨します。

Copper PDF 2.1.x までは JDK1.4.2 以降でも動作します。

Copper PDF 3.1.x までは Java 6 以降でも動作します。

以下の環境を推奨します。

以下のOS上での動作を確認しています。

ウェブインターフェースには以下のブラウザとAdobe Reader等のPDFを表示できるソフトウェア必要です。

..2. プログラミングインターフェース(API)

Copper PDFを利用するアプリケーションの開発に使用する、各プログラミング言語向けのドライバはCopper PDF本体とは別に配布しています。

Copper PDF 2.1.0からは、より強力なプログラミングインターフェース(CTIP 2.0)と、HTTP/RESTインターフェースがサポートされました。 HTTP/RESTインターフェースは、各開発環境から利用することができます。

新インターフェース(CTIP 2.0)

Javaドライバ / transcode Antタスク

Java バージョン 8 以降2.1.0

Javaドライバ 2.0.x までは JDK1.4.2 以降でも動作します。

Perlドライバ

Perl バージョン5.6.1以降2.1.0
File::Temp モジュール
IO::Socket::SSL (SSL接続をする場合)

PHPドライバ

PHP バージョン5.2.0以降2.1.0

.NETドライバ

.NET Framework 2.0以降2.1.0

HTTP / RESTインターフェース

各種開発環境(環境非依存)2.1.0


目次↑
Copper PDF ©2012 Zamasoft. All rights reserved.